水曜日, 3月 16, 2005

キリストの過ぎ越し、人の過ぎ越し


キリストの過ぎ越し、人の過ぎ越し

救い主の受難は人間の命の救いです。キリストが私たちのために自らすすんで死んでくださったのは、キリストを信じるわたしたちがとこしえに生きるようになるためです。キリストがしばらくの間わたしたちのような存在になってくださったのは、わたしたちがキリストの永遠のいのちにあずかるという約束を受けて、キリストとともに永遠に生きるようになるためです。

これこそが、天上の秘儀の恩恵、過越の賜物、望ましい年ごとの祭日、新しい世界の夜明けなのです。

人々は天上の恩恵の賜物によって聖とされ、霊的な秘跡の偉大な秘儀によって養われるのです。

(古代の復活祭の教えから)